落ち込んだ気分を切り替えるわたしの方法。

生活にまつわる話

失敗をしました。

や、他人を巻き込む失敗ではありません。ちょっと自分が損するような類の失敗です。過去は変えられないし、失敗だって発生した事実は変わりません。どんなに取り返したいと願ったとしてもね。

だから気分を切り替えて、いつも通りに過ごせばいいのです。だからわたしは自分なりの方法で気分を切り替えました。

気分を切り替える方法①

それは、少しの間でいいからベッドに横になる、です。

もともとの、失敗が増える理由とかやけに落ち込んでしまう理由に、身体的な疲労が当てはまることがあります。だから状況的に問題ないな、と判断した時には横になります。眠るわけではありませんよ! 短い時間なら眠っても問題ないでしょうが、長い時間眠ると「時間を無駄にしてしまった」とますます落ち込みが加速することがありますからね。

横になって体の力を抜くだけでも違ってきます。

気分を切り替える方法②

料理を作る。これも気分転換にはいい方法ですね。

冷蔵庫の中にある材料を使ってレシピサイトを検索する。登場したレシピの材料欄を見て、作れそうなものだったら作ってみる。材料が足りないと思っても気にしない。足りないまま作ってみる。

鶏肉を切ったりネギを切ったり、フライパンで炒めたり……そんな感じで動いているうちに、落ち込んでた事実なんてどうでもよくなります。とりあえず、美味しそうなものが出来上がった時に落ち込んでいられないですもん。

ちなみに失敗することもあります。味付けが好みでなかったとか、美味しくなかったとか。そういう時は大好きな調味料、ゆずポン酢をかけてごまかすことも多いです。そうしたら、まあ、いけるんじゃない? と思えるのですよ。って、これは個人差があるか。

気分を切り替える方法③

音楽を聴く!

もう、強制的に気分を変えちゃいます。耳を傾けるだけで、歌詞や音を通して意識を変えてくれるから、本当に音楽を聴くと気分が変わります。

映画を見たりゲームをしたり読書したりも、もちろん気分転換になってくれます。でも本当に落ち込み切っているときって、少しも動きたくないんですよ。映画を見る時には画面に集中しなくちゃいけないし、ゲームだってコントローラーを持たなくちゃいけない。読書も文字を追わないといけない。それらの動作が面倒だって感じる時も多いんですよね。

だから耳を傾けるだけで済む音楽がいちばん楽な切り替え方法です。や、本当に落ち込み切った時、疲れ切っている時は音楽すら雑音に感じてしまって煩わしくなりますが、そういう時は方法①横になるを試すのです!

気分を切り替える方法④

友人に電話する。

これは人を巻き込む方法ですから、扱いにちょっと注意が必要です。こちらがたくさん話したくても、向こうには都合がありますから、話せない状況かもしれませんからね。

だけど、タイミングが合ったら、一発逆転の効果があります。

友人たちの個性のおかげでもあるでしょう。なんか、失敗がどうでもよくなるんですよね。やっちまったけれど、笑い飛ばしてもらったら気が楽になるんです。そうしていつの間にか、気分は切り替わってる。

ありがたいです。わたしも頼もしい存在になるよ!!

気分を切り替える方法⑤

これは現在、禁じ手となっている方法です。

ズバリ、甘いものを飲み食いする、です!

甘くて温かいものを食べると、ホッとするんですよねえ。ふわふわしたパンケーキとか、温かなミルクティーとか。バウムクーヘンも、シュークリームもドーナッツも、美味しくて大好き! かなり強烈にしあわせになります。

ダイエット的にはよろしくない方法ですよ。だから今回は使ってないし、方法を書いていく過程でも最後に書きましたが、でも強烈な回復方法です。甘くて美味しいものを食べた、よしがんばろ、という流れがいちばん素直に芽生えやすいのです。まあ、甘いものが苦手という方もいらっしゃるでしょうし、個人差があるかもしれません。

おわりに。

今回の落ち込みに対して、試みた気分切り替えの方法は、①から③までです。

軽く横になって、作り置きの料理を作って、音楽を聴いていたら、元気になりました。だからブログを書いているんですけれど、本当に、数十分前の落ち込みにはどうしようかと思いました。

今回、特に効果があった方法は、①横になる、ですね。

なぜなら、身体的な疲れも大きかったと思うのよ。やけに寝つきが悪くて昨夜(今朝?)は2時過ぎに寝付いてしまったことに加えて、筋肉痛になってるからです。そんだけ昨日は頑張ってたんだ〜。

今日は窓掃除しようかなあと思ってましたが、雨が降っていますし、心体共に万全と言い難いから、明日以降に回そうかな。その代わり、断捨離を頑張ってみよう。

ではでは、今日はこれにて。お互い、素敵な一日になりますように〜!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました